日常

かかとのカサカサほおっておいて大変なことになる前に対処しよう【閲覧注意】

冬になると特に気になるのがかかとのカサカサ

ほおっておくとひび割れが進行して血が出たり魚の目の原因になります

なので私は角質削りを定期的にやっています

いつもすべすべなお肌を心掛けてレッツ角質とり

角質取りの道具

角質取りは「指の間用」と「平たいところ用」の二つを使っています

人によって角質がたまりやす場所がありますが私の場合は指の間とかかとです

お風呂で柔らかくなったところをいっぺんにとってしまいます

削ると白くて臭い角質が取れる

したが指の間用上が平らなところ用

2週間くらいのかんかくで定期的にけずってあげると常につるつるした足になる

本当はケアクリームを塗った方がいいんだろうけどまだ必要性を感じない

かかとは特にていねいに

主にかかとをけずる

かかとは丸いのでまんべんなくやっていく

あとは足の横をやると白い角質がとれてくる

けどやりすぎると痛めてしまうから少しずつやりましょう

お風呂用のいすがあれば楽だけど無ければあぐらをかくようにすわるか

お風呂のふちに座って気を付けながらやってみよう

ゆびのあいだは注意してね【閲覧注意】

指の間用のほそいやつ

指の間は細いやつでしかはいらないのでこれでやっていく

指の付け根はデリケートなのと力がかかりやすいので注意しながらやりましょう

やりすぎると皮膚が薄くなったり割けたりします

これが体制がきつくてやるのが大変

体が硬いって事もあるけど長時間はきついです

少しだけ角度がついているのでやりやすい
やすりの部分は10センチくらい

カサカサになるげんいん

主に乾燥と外部からの刺激の二つ

乾燥

乾燥して皮膚がダメージをうけると傷んだ皮膚を修復しようとがんばって皮膚がさいせいされる

そうするとどんどん新しい皮膚が出来てきて皮膚が厚くなる

厚くなった皮膚が乾燥しての繰り返し

刺激

かかとや指に負担がかかるようなしせいや運動をするとぼうぎょ反応で皮膚を厚くしようとする

なので乾燥はクリームをぬってうるおいをあたえて常につるつるのお肌を目指しましょう

刺激はきょくたんに負担のかかる姿勢をあらためて過ごしてください

水虫が心配な時は

かかとやつめの隙間は用意注意

カサカサしてても水虫の心配があります

炎症やにおいが気になるようなら検討してみるのもいいですね

角質つるんととる方法

角質をつるんととる方法もあるようだ

これはなかなか画期的なアイデアで角質を一度柔らかくしてからとる

古い角質だけをねらってとれるのでいいね

とくに指の間はけずるとなると大変なのでうれしいポイントだ

しっとり保湿成分でうるおい、いろんなフレーバーで香りも楽しめる

まとめ

ついつい面倒なのでほおっておいてしまう角質

そのままほおっておいて大変なめにあう前に角質取りやクリームでケアしてあげましょう

でもやりすぎると痛めてしまうので注意が必要だよ

最後まで読んでくれてありがとう!気になるところがあればコメントや「Twitter」で教えてね

ではまた次の記事で会いましょう。

痛くない耳かき!?むしろ気持ちいいので毎日やってしまうシリコン耳かき気持ちのイイ耳かきだけどやりすぎるといたくなるよね、そんな悩みを解消してくれるシリコン耳かきの紹介...